git pull でリモートリポジトリのブランチを取得した際の誤算をメモ

リモートリポジトリに新たにブランチが追加されていたため、取得するときに「git pull」を使っておかしくなった。
サーバから取得する時はgit pullは危険なので別の方法をメモしておく。

git pullの内容とは

新ブランチ「branch_a」をリモートリポジトリにpushした場合に、その新ブランチを取得するときに下記コマンドを実行した

git pull origin branch_a:branch_a

これで「branch_a」は取得できるが・・・・・・
現在いたブランチにも「branch_a」がマージされていた。という誤算。

このgitの動作は正しいが知識が付いて行かないので、単に「branch_a」をローカルに取得したいだけであれば下記コマンドをした方が無難

git branch branch_a origin/branch_a

※branchは取得元を指定する事が可能

その他おすすめの備忘録

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>