Untracked Filesになったファイル群を削除する方法をメモ

コミット履歴からresetした場合に、ローカルに存在するがreset元には存在していないファイルがある場合に、ローカルにのみ存在しているファイル群はすべて Untracked Files扱いになる。勝手に削除しないところがgitのいいところ。
ただ不要なファイルの場合はじゃまなので削除したい。
Untracked Filesはgitで追跡していないファイル群。もし再追跡する場合はaddすればよい。

Untracked Filesを削除する

まずは現在のUntracked Filesを確認

git status

# Untracked files:
# (use “git add …” to include in what will be committed)

のリストで表示されているところがUntracked Filesとなる。

Untracked filesとして削除対象となるファイル群を確認

git clean --dry-run

※怖いので一応

削除して問題なければ削除

git clean -f

これで完了。

その他おすすめの備忘録

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>