Vagrant(CentOS) + VirtualBoxでRailsの開発環境を構築するときのメモ

Vagrantは、仮想化マシン(VirtualBox,VM etc)の自動作成・管理ツール。
今回はVirtualBoxでCentOSを使用し、Railsの環境を構築しておく。
一度テンプレート化しておくと、次回以降に同様の環境を作成するのが楽になる。

公式サイト:
Vagrant
https://www.vagrantup.com/
VirtualBox
https://www.virtualbox.org/

Vagrant + VirtualBoxダウンロード・インストール

OSにあわせて公式サイトよりダウンロードを行う
現在2015/3/2時点でCentOS[7.0],Vagrant[1.7.3],VirtualBox[4.4.2]のバージョンが最新となっている

Vagrant:
https://www.vagrantup.com/downloads.html
VirtualBox:
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

ダウンロードしたdmgやmsiファイルからインストール作業を行う
※ウィザードに従いそのままインストールで良い

Vagrantのバージョン確認

バージョン確認:

$ vagrant -v
Vagrant version 1.7.3

※インストールバージョンが表示されればインストールOK

Box(CentOS)のテンプレートを取得

Boxリンクが集まっている有名サイト:
http://www.vagrantbox.es/
https://vagrantcloud.com/boxes/search

※今回はCentOS7の最新で仮想ソフトにVirtualBoxを使用しているBoxを選択する:

https://f0fff3908f081cb6461b407be80daf97f07ac418.googledrive.com/host/0BwtuV7VyVTSkUG1PM3pCeDJ4dVE/centos7.box

Boxの追加コマンド:

$ vagrant box add centos https://f0fff3908f081cb6461b407be80daf97f07ac418.googledrive.com/host/0BwtuV7VyVTSkUG1PM3pCeDJ4dVE/centos7.box 
Downloading or copying the box...
Extracting box...
Successfully added box 'centos' with provider 'virtualbox'!

※centos部は任意のboxの名前

「Successfully added box ‘centos’ with provider ‘virtualbox’!」のメッセージが表示されればOK

Boxの確認:

$ vagrant box list
centos (virtualbox)

Box(CentOS)のテンプレートから仮想マシンを作成

仮想マシン作成のディレクトリを作成し移動

$ mkdir RailsEnv
$ cd RailsEnv

仮想マシンを作成

$ vagrant init centos

※centosはboxに任意につけておいた名前を指定

仮想マシンの起動

仮想マシンの起動

$ vagrant vp

※Vagrantfileの設定情報を読み込み起動する

仮想環境のアクセス(設定)

仮想環境にssh接続を行う

$ vagrant ssh

仮想環境の設定・ツールインストールなど

ファイアーウォールを切っておく ※ローカル環境のためセキュリティは無視

$ sudo service iptables stop
$ sudo chkconfig iptables off

vimをインストール

$ sudo yum -y install vim 

仮想マシンへブラウザからアクセスするための接続設定 ※Vagrantfileの編集

仮想マシンを抜ける

$ exit

Vagrantfileの編集

$ vim Vagrantfile

ネットワークアクセスのconfigのコメントアウトを解除する(#を消す)
デフォルト設定されている「192.168.33.10」でアクセスができるようになる

 # Create a private network, which allows host-only access to the machine
 # using a specific IP.
 config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"

※ 仮想マシンの/var/www/htmlディレクトリへアクセスされる

Vagrantfileの設定反映

$ vagrant reload

仮想マシンの「/var/www/htmlディレクトリ」とローカルの「仮想マシンディレクトリ」のリンク設定

シンボリックリンクを設置

$ vagrant ssh
$ ln -s /vagrant /var/www/html/

※ Vagrantでは仮想マシンの「/vagrantディレクトリ」はローカルの「仮想マシンディレクトリ」とリンクしている

Ruby/Rails環境を構築

以前の記事「最新・安定版のRuby2.2.1(rbenv) / Rails4.1.1環境を構築する」の通り環境を構築する

ここまでで構築完了!

その他おすすめの備忘録

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>