はじめに

個人的にEclipseで便利だったショートカットをAndroidStudioでどうやるかメモしておきます。
MacOS向けのショートカットキーになりますがwindowsの場合はCommandをCtrl,Optionをaltにするなどで大体同じになっています。

ショートカット

自動コードフォーマット

ソースコードまたはレイアウトコードで実行することでインデントの自動調整をします

Ctrl + Option + l

自動インポート

ソースコードで実行することで不要なインポート削除・足りないインポート追加をします

Ctrl + Option + o

定義元へ移動

クラス・メソッド・変数の上で実行することで定義へ移動します

Command + b

修正表示

エラーが出ている箇所の上で実行するとエラーの修正方法を表示します

Option + Enter

コード生成

実行した箇所で生成される可能性のある構文を自動生成します ※setter,getterなど

Command + n

ベースクラスのメソッド一覧

クラスのメソッド一覧を表示します

Ctrl + o

コメント/コメントアウト

ソースコードで対象を選択し実行することでコメントアウトします

Ctrl + /

上記コメントアウトをブロックレベルでコメントアウト実行します

Ctrl⌃ + Shift + /

リネーム

クラス・メソッド・変数の上で実行することでリネームします
※置換とは違い、紐付く名前を一括して変換します

Shift + F6

補完機能(メソッド・変数名など)

コードの途中、または書き始めに実行することで次につながるコードの入力補助ボックスを表示します

Ctrl + Space

検索

クラス、ファイル、変数、設定項目、メニュー、など全てを検索します

Shift2回押し

ファイル内から文字列検索します

Ctrl + f

プロジェクト内から文字列検索します

Ctrl + h

実行

プロジェクトを実行します

Shift + F10

プロジェクトをデバッグ実行します

Shift + F9

その他おすすめの備忘録

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>