はじめに

2015年5月13日にリリースiosアプリに関するアナリティクス機能(ベータ版)が実装されました。

APPLEからの通知メール:
apple

これでapple純正のアプリ側にアナリティクス専用ライブラリや独自実装がしなくても良くなりましたね。
いままでもダウンロード数や課金売り上げはわかりましたが、アナリティクス実装により、ユーザのダウンロードの分析ができるので、アプリの最適化に役立てそうです。

app

アナリティクス公式ガイドラインについて

アナリティクスの詳細・アクセスについては以下のガイドライン・ドキュメントを確認ください

アクセス:
https://itunesconnect.apple.com/WebObjects/iTunesConnect.woa

公式アナウンス:
https://developer.apple.com/app-store/app-analytics/

公式ガイドライン:
https://itunesconnect.apple.com/downloads/Documentation/iTunes_Connect_App_Analytics_Guide_v1.pdf

公式FAQ
https://itunesconnect.apple.com/WebObjects/iTunesConnect.woa/wa/jumpTo?page=faqIndex&group=appanalytics

app-analytics-hero

アナリティクスで確認できる情報について

Googleアナリティクスと同様な考えで、Googleが持っているマーケットからアプリインストール・アプリ起動の流れで取得しているデータを確認できるイメージです。

マーケット(app store)のPV数からマーケットまでのリファラー、そこからのインストール数、セッション数、アクティブデバイス数などかなりの情報がわかります。

アナリティクスのホームページに「概要」「メトリックス」「ソース」「使用率」と4つのタブがあるのでそれぞれで何が確認できるのかを追ってみます。

はじめにアナリティクスの注意点

IOS8以降の端末のみ対象になります。ただ2015/4にIOS8のシェア率は全体の75%を超えたそうなので、データとしては有益な情報になるはずです。
解析されるデータは全て匿名化されているので、ユーザを識別することはできません。

App Analytics only displays data from devices using iOS 8 or later. All data is anonymized and
aggregated with data from other users. To learn more about data metrics and what they mean,
see the Glossary.

概要タブの情報について

各ユーザデータの概要を簡略的に表示している画面です

全期間表示 ※Appが登録されてから現在までのデータ / 過去データで表示されます。
•AppStoreの閲覧数
アプリのマーケットページの閲覧数
•Appユニット数
アプリのマーケットページの閲覧からインストールを行った数 ※同一ユーザやアップデートはカウントしない
•売上
有料アプリの売上金額
•セッション数
アプリを起動した回数。同一ユーザで複数化起動した場合はカウントアップされる。利用情報をApp開発者と共有を同意したユーザのみカウント。
•App内課金数
アプリ内の課金(In-App Purchases)
•アクティブなでデバイス数
セッションでカウントされたユーザの端末数。複数回アプリ起動した場合も1カウントのみ。

上記までのそれぞれのテリトリ(国別)・プラットフォーム(iPhone/iPad/iPod)表示します。

メトリックスタブの情報について

各ユーザデータのメトリックス(合計・平均・指標)を表示している画面です

売上
•AppStore閲覧数
•AppStoreユニット数
•App内課金数
•売上

使用状況
•インストール数
•セッション数
•アクティブなデバイス数
•過去30日間のアクティブなデバイス数

上記データをAppバージョン・iOSバージョン・Webサイト・キャンペーン・テリトリ(国別)・プラットフォーム(iPhone/iPad/iPod)・地域で表示します。また折れ線グラフ・面グラフ・棒グラフで可視化して確認できます。

ソースタブの情報について

「トップWebサイト」と「トップキャンペーン」がありました。
ここが画面からどういった情報を出すのかが読み取る事ができませんでした。。。
公式ガイドラインのドキュメントによりますと、

トップWebサイト

Top Websites
The Top Websites view is available from the Sources tab in App Analytics. This view shows app
sales, usage, and monetization for users that have been referred from a specific website. Click a
website name, and you will have access to metrics for users referred by that website. Within
each metric you will only see data for a specific referring website.
You can use this information to identify websites that refer the right users to your app. For
example, if a larger user base is especially important to your app, focus on websites that refer
the most users.

特定のWebサイトにおいてくれたマーケットのリンクからの流入のユーザ情報(リンクもとページアドレス・AppStore閲覧数・Appユニット数・売上・セッション数)がわかるようです。つまりリファラーですね。
※こちら環境では「Webサイトを表示するための十分なデータがありません。」のメッセージでデータが見えませんでした><

トップキャンペーン

Top Campaigns
The Top Campaigns view is available from the Sources tab in App Analytics. Campaigns are
custom App Store links you can use in your marketing material, websites, or advertising.
Campaign links allow you to see your app sales, usage, and monetization for specific campaigns.
Click a campaign, and you will have access to all of the same App Analytics metrics. Within each
metric you will only see data for a specific campaign you’ve made.
This makes it easier to see which marketing campaign or website advertisement creates the
best results. For example, by looking at In-App Purchases filtered by campaign, you can see
which types of marketing attract customers who are more likely to make a purchase.

アプリのキャンペーン用リンクを作成できる機能があり、ここから作成してできたリンクを設置する事でユーザ情報(リンクもとページアドレス・AppStore閲覧数・Appユニット数・売上・セッション数)がわかるようです。
※こちら環境では「キャンペーンを表示するための十分なデータがありません。」のメッセージでデータが見えませんでした><

使用率タブの情報について

リテンション表示として「指定日付でAppをインストールして、翌日以降にAppを使用したユーザの割合」と「指定日にAppを初期インストールし、その後 Appを使用したユーザの割合」がそれぞれわかります。
「指定日にAppを初期インストールし、その後 Appを使用したユーザの割合」については時間単位でパーセント表示で細かく分かります。

統括

アプリでマネタイズを行っている場合に、SEOやサイトの最適化に非常に役に立つ情報が取得できました。
とくにリファラーが分かると言うのは、Webと同様で広告の効果測定などにも役立ち、アナリティクスを使う場合と使わない場合で広告の打ち方やランディングページの作り方が変わってくるのかと思います。

その他おすすめの備忘録

One Response to [iOS]2015年5月13日iTunes Connectにアプリのアナリティクス(App Analytics)機能[ベータ版]が実装されました

  1. Gesaku_G より:

    これか?分かりにくい表現だなあ“•Appユニット数 アプリのマーケットページの閲覧からインストールを行った数 ※同一ユーザやアップデートはカウントしない”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>