はじめに

vagrantへlocalhostではアクセスできる状態でも、Vagrantfileで指定しているipアドレスでアクセスができない場合があります。

config.vm.network :private_network, ip: “192.168.33.10″

そういった場合の解決策をメモしておきます。

エラーについて

vagrant環境の直下(Vagrantfileがある場所)でvagrantのreloadコマンドを実行します

$ vagrant reload

事象の場合エラーが発生します

[drive] Configuring and enabling network interfaces…
The following SSH command responded with a non-zero exit status.
Vagrant assumes that this means the command failed!

ARPCHECK=no /sbin/ifup eth1 2> /dev/null

Stdout from the command:

Device eth1 does not seem to be present, delaying initialization.

Stderr from the command:

原因

vagrantでパッケージをした場合などに、MACアドレスとのマッピングがうまくいかなくなってエラーが起こっているようです。
そのためマッピングを一度無効にすることで解決します。

無効化は以下のようになります

sudo ln -sf /dev/null /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

解決策

vagrantへsshで接続します

$ vagrant ssh

そして以下のコマンドでマッピングを無効化します

$ sudo ln -sf /dev/null /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

vagrantを抜けます

$ exit

再度reloadします

$ vagrant reload

これでエラーが無事にでなくなります。
この状態でVagarantfileで指定しているipアドレスでアクセスができるようになります。

config.vm.network :private_network, ip: “192.168.33.10″

その他おすすめの備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>