はじめに

gitですでに管理対象となっているファイル・ディレクトリを無視する方法です。
状況としては.gitignoreファイルを置き忘れや対象ファイルに追加し忘れた場合にcommitしてしまった時などです。

解決策

git rm コマンドを使うことで解決します

ファイルを管理対象から除外する場合

git rm –cached [ファイル名]

※この場合.gitinogreにも追加すること

ディレクトリを管理対象から除外する場合

git rm -r –cached [ディレクトリ名]

※この場合.gitinogreにも追加すること

ファイルを管理対象から除外し且つ作業ディレクトリからも削除する場合

git rm [ファイル名]

ディレクトリを管理対象から除外し且つ作業ディレクトリからも削除する場合

git rm -r [ディレクトリ名]

ファイル・ディレクトリ管理対象からまとめて除外する場合

git ls-filesを使用してgitignoreファイルの除外ファイルをまとめて除外します。

git ls-filesは以下サイトを参照
http://transitive.info/article/git/command/ls-files/

ファイル指定して.gitinogreの除外リストをそのまま管理対象から外します

git rm –cached `git ls-files –full-name -i –exclude-from=.gitignore`

gitが無視リストとする.gitignore、.git/info/excludeにマッチするファイルをまとめて管理対象から外します

git rm –cached `git ls-files –full-name -i –exclude-standard`

その他おすすめの備忘録

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>