はじめに

Androidアプリの中で、使っていない画像ファイルって開発中にどんどんたまってしまいますね。
Androidはアプリサイズに制限(50メガ/4.0以降は100メガ)があるのと、小さいほうがインストールもはやくなるので、無駄なファイルは削除してください。
作ったスクリプトとスクリプトの使い方を残しておきます。

以下の二つのプロジェクト版も近々アップしてみようと思います。

[Android]使用していない画像ファイルをまとめて削除する(Eclipse版)
[ios]使用していない画像ファイルをまとめて削除する(XCode版)

削除スクリプト

アプリで使用している画像ファイル一覧・使用していない画像一覧をファイルに書き出し、
使用していない画像ファイルを一式削除までします。
削除はしないで画像ファイルを確認したいだけの場合はスクリプトの40行目「rm -r $elem」をコメントアウトしてください。
その他の要望は、スクリプトを読み適時変更して使ってみてください。
スクリプトを見ればわかりますが、find,grepを使って文字列チェックをしているだけです。

使い方(スクリプトファイルの作成)

以下のスクリプトファイルをremove.shとしてファイルを作成してください

ファイルはgistにアップしました
https://gist.github.com/y-matsumoto/4b23050754014e9eb868

使い方(実行方法)

プロジェクトのディレクトリが置いてあるパスを指定して実行すればスクリプトが実行されます

$ sh remove.sh [プロジェクトパス]

注意点

削除する画像ファイルは、src,res,manifestに直接的に文字列設定していないファイルのみ削除します。
そのためActivityファイルで使っていないjavaファイルが混ざっている場合も削除はされないので、本当につかってない画像ファイルを一式だすのであれば、まずは不要なソースコードとレイアウトファイルを削除してから実行してください。
あとは動的に画像ファイル名を生成するようなコードの場合は、対象にならず必要な画像ファイルも削除する可能性があるので、ご注意ください。

その他おすすめの備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>