Androidの各アプリに割り当てるヒープ領域を拡大する方法をメモ

androidで各アプリが割り当てられているメモリ(ヒープ領域)は端末により違いがあるが、3.0(ハニカム)以降のバージョンの場合、最大割当領域を上げる事が可能 ※これも端末により最大領域は違う
Androidはとりあえずメモリが低く、画像やカメラを使うと落ちるのでとりあえず設定しておいたほうがよさそう。

最大割当メモリ量を拡大する

Manifestファイルのapplicationタグ内で「android:largeHeap」をtrueにする

android:largeHeap="true"

最大メモリ量を確認する方法

ActivityManager am = ((ActivityManager)getSystemService(Activity.ACTIVITY_SERVICE));
int largeMemory = am.getLargeMemoryClass();

メモリの確認

adbシェルコマンドで確認可能

メモリ全体表示

adb shell procrank

VSS(Virtual Set Size)      仮想メモリの消費量
RSS(Resident Set Size)     物理メモリの消費量
PSS(Proportional Set Size)   プロセスのヒープ所有サイズ
USS(Unique Set Size)      プロセスのヒープ利用サイズ

メモリ詳細表示

adb shell dumpsys meminfo パッケージ名

その他おすすめの備忘録

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>